小学生も預けてOK

小学生も預けてOK

小学生も預けてOK ベビーシッターに預けることができるのは、赤ちゃんなどの乳幼児のみだと思っていませんか?ですが乳幼児だけというわけではなく、小学生の子供でも面倒を見てもらうことが可能です。人によっては小学校に上がった子供であれば、1人で留守番もさせられるので安心と考えているかもしれません。ですが小学校高学年ならともかく、低学年の子供だと1人で留守番させるのは不安というケースも多くあります。そのようなときにベビーシッターを利用することで、安心して親は外出できます。
また子供の留守番の際に利用するだけではなく、塾や習い事などの送り迎えを依頼するのも1つの手です。例えば習い事の帰りが遅くなる場合、子供を1人で帰宅させるのは不安ということもあるでしょう。そこでベビーシッターを利用することで、子供の帰りが遅い日でも親は安心できます。状況に合わせて利用できるので、家族に合った形でベビーシッターを依頼するようにしましょう。

イヤイヤ期の子供に対するベビーシッターの接し方

イヤイヤ期の子供に対するベビーシッターの接し方 第1次反抗期とも呼ばれるイヤイヤ期の子どもは、プロのベビーシッターといえども対応が難しい時期です。イヤイヤ期は個人差はありますが、おおむね2歳~4歳の時期に訪れます。親が子どもの着る服を選んでも「イヤ」「ヤダ」と拒否したり、何でも自分でやらないと気がすまないなど、親や周囲の大人を困らせます。自我が発達し、自己主張を覚える大切な成長過程ではありますが、慣れていないとどう対応していいか途方に暮れてしまうことにもなりかねません。
まずは、ベビーシッター自身が心に余裕を持って接することが大切です。イヤイヤ期は子ども自身、もう赤ちゃんではいられないという心の葛藤を抱えています。誰にでもある自我の芽生えだという気持ちで向き合うだけでも、心の負担が軽くなるはずです。反抗的な態度を取った時は「ダメ」「やめて」と否定するのではなく、「こうしよう」「こうしてみたら?」と肯定的な言葉掛けをすると気持ちが切り替わることがあります。また、子どもが癇癪を起こしている事柄から別の事柄に目を向けるように導くのも有効です。

新着情報

◎2019/4/19

未経験でも働くことはできる?
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

料金は依頼内容によって異なる
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

小学生も預けてOK
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

ベビーシッターが注意しているポイント
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「ベビーシッター 小学生 」
に関連するツイート
Twitter